【要約・書評】佐久間宣行のずるい仕事術|佐久間宣行

  • URLをコピーしました!
ダーランド

こんにちは。ダーランド
(@darando85)です。

今回は佐久間宣行さん著書「佐久間宣行のずるい仕事術」という本を紹介します。

本記事の内容

  • 「佐久間宣行のずるい仕事術」の要約・書評
  • こんな人におすすめ

ほとんど人が今の生活や将来的のために働いています。

良いことばかりではなく不満に思ったりストレスのかかる事も多いです。

本書はムダなことはやらずにコスパよく、ムダに消耗することなく、ラクして速く成果を出すための力の入れ方、力の抜き方をまとめた書籍です。

では早速紹介していきます。ぜひ最後まで読んで下さい。

この記事を書いた人
  • 名前:ダーランド
  • 職業:会社員
  • 読書量:年間100冊以上
  • 趣味:筋トレ×投資
  • Twitterやっています。
スポンサーリンク
目次

作品情報

著者:佐久間宣行
出版社:ダイヤモンド社
発行年月日:2022/4/6
ページ数:232ページ

「仮説」立てる

仕事で成長するには「仮説」を立て仕事をすることです。

言われたとおりの仕事をぼーっとこなすだけでは何も成長しません。

仮説を立てる検証する答え合わせ

上記を繰り返して仕事ができる人とできない人ではかなりの差が生まれます。

日頃から「仮説」立てるクセをつけましょう。

仕事で成長したかったら、「正しい努力」をしないといけない。

「正しい努力」をするには、まず、ひとつひとつの仕事に対して「こうじゃないか」と仮説を立てて、頭の中でそれを組み立てるクセをつけるのがおすすめだ。

引用:佐久間宣行のずるい仕事術

悪口は自分というブランドを汚す

いつも悪口を言う人だと認識されると、自分のブランドも汚れてしまう。

引用:佐久間宣行のずるい仕事術

人の悪いところはすぐに見つかってしまうものです。

誰かと言い合えれば話もすぐに盛り上がるかもしれません。

しかし、悪口を言われて気持ちのいい人なんていません。

普段から悪口を言っていて、ネガティブな印象を与えていると、いざ自分が本気に何かを訴えたときに説得力が下がり、誰もが聞き入れてくれなくなります。

ダーランド

悪口は最もコスパが悪いです!!

心穏やかに過ごすためにも悪口は絶対に言わないように心がけましょう。

給料分働けば十分「プロ」

やるべきことをやり、給料分働けばそれで十分プロなのだ。

引用:佐久間宣行のずるい仕事術

プロフェッショナルとはなにか?

著者の佐久間専行さんは「対価と同等の働きをする人」と語っています。

ダーランド

サラリーマンで言えば「給料分、働く人」です。

仕事だから満点を目指して死物狂いで働けという考え方もあります。

しかし、相手の人格を否定したり、精神的に追い詰めたりするのは間違っています。

仕事に対して常に上を目指してハングリーでいなくても決して劣っているわけではありません。

生き方が違うだけです。

やるべきことをしっかりやり、給料分働けば十分「プロ」

必要以上に自分を追い込んでまで上を目指さなくても大丈夫です。

最後に

「佐久間宣行のずるい仕事術」の紹介でした。

こんな人におすすめ

  • 仕事がつらいと思う人
  • 仕事でムダなエネルギーを使いたくない人
  • 限られた時間で成果を出したい人

本書を最初に手に取ったときは正直「いかに仕事をサボるか?」といような仕事に対して後ろ向きな内容かなと思ったのですが、全然違いました。

限られた時間でムダにエネルギーを消費せずに成果を上げる方法など、仕事に対してかなり前向きな内容です。

紹介している内容も簡潔で読みやすく、スラスラ読めてしまう印象です。

仕事でストレスを抱えている人・気持ちが落ち込んでいる人ときは本書を読むことでかなり気持ちが楽になります。

ダーランド

給料分働けば十分「プロ」最高な響きですね。

究極の省エネな働き方&マインドが詰まっている。そんな書籍でした。

気になった方はぜひ本書を読んで見て下さい。

以上になります。

読書は最高の自己投資です。

読書を継続し自分という資産を大きく成長させていきましょう。

ダーランド

最後まで読んでいただきありがとうございました。

日本ブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次