金融資産5000万円以上の富裕層は日本にはどのくらいいる❓

マネー関連
スポンサーリンク
ダーランド
ダーランド

こんにちは!!ダーランドです!!

Yahoo!ニュースにて『金融資産5000万円以上の富裕層は日本にどれくらいいる❓』という記事を見ました。

僕自身すごく気になる内容でしたので紹介します。

金融資産5000万円以上の富裕層は日本にはどのくらいいる❓

株式会社野村総合研究所が行った調査によると、2019年の日本における世帯の純金融資産保有額(預貯金、株式、債券、投資信託などの保有金融資産から負債を差し引いた金額)を基に階層を分類した場合、世帯数や割合は以下のとおりとなっています。

■超富裕層(純金融資産保有額5億円以上)
 8.7万世帯(0.16%)
■富裕層(純金融資産保有額1億円以上、5億円未満)
124万世帯(2.29%)
■準富裕層(純金融資産保有額5000万円以上、1億円未満)
341.8万世帯(6.32%)
■アッパーマス層(純金融資産保有額3000万円以上、5000万円未満)
712.1万世帯(13.18%)
■マス層(純金融資産保有額3000万円未満)
4215.7万世帯(78.03%)

この調査結果をから、金融資産が5000万円以上ある富裕層は全体の8.77%となっており
金融資産5000万円未満の世帯90%以上を占めていることが分かります。

ダーランド
ダーランド

個人的には金融資産5000万円未満の世帯が80%くらいと想像していたので少し多めだなと感じました。

年代別資産額 平均値・中央値

年代が上がるごとに徐々に資産は増えていき、60代をピークに減少しています。
年代が上がれば給料も上がっていき、60代で退職金を受け取ったタイミングで金融資産額がピークに達する人が多いという感じでしょうか。

富裕層世帯が資産管理で気をつけていること

富裕層世帯は積極的に資産運用をしています。
これは普段の生活費以外の資金でる余剰資金が余裕があるため積極的にリスクをとり資産運用をしているのだと考えられます。
30年の資産運用を続けた人貯金だけの人と比べ資産が10倍も多くなったという話もあります。もちろん購入する銘柄にもよりますが、資産運用をするのと全くしないにでは大きく差が出てしまいまいます。
国もつみたてNISAiDeCo推奨していますし、今は優良な銘柄もネットで調べられますしスマホから簡単に購入できます。

ダーランド
ダーランド

少額からでも資産運用し、資産を増加させていきましょう!!

以上になります。
少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
マネー関連
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました