【要約・書評】「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 |ジル・チャン

  • URLをコピーしました!
ダーランド

こんにちは。ダーランド
(@darando85)です。

今回はジル・チャンさん著書「「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 」という本を紹介します。

本記事の内容

  • 「「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 」の要約・書評
  • こんな人におすすめ

人間は様々な性格な人がいます。

ざっくりと分けると外向型の人内向型の人です。

外向型の人の特徴

  • 人と話すことが好き
  • 他人と一緒にいるのが好き
  • 刺激的な事が好き

内向型の人の特徴

  • 感情が表に出にくい
  • ひとりの時間が好き
  • 思考を巡らせるのが好き

外向型の人は明るくフレンドリーな人。内向型の人は口数が少なく静かな人というような想像すると思います。

そして仕事では外向的な人が成功するイメージがありますがそんなことはありません。

成功をしているビジネスパーソンの多くは実は内向型の人が多いです。

成功している内向型ビジネスパーソン
  • ビル・ゲイツ
  • マーク・ザッカーバーグ
  • イーロン・マスク
  • ウォーレン・バフェット

しかし、内向型は外向型と比較すると目立ちにくいので能力はあるのに仕事で評価されにくいのも事実です。

本書はそんな内向型の潜在能力を最大限に引き出すための書籍です。

では早速紹介していきます。ぜひ最後まで読んで下さい。

この記事を書いた人
  • 名前:ダーランド
  • 職業:会社員
  • 読書量:年間100冊以上
  • 趣味:筋トレ×投資
  • Twitterやっています。
スポンサーリンク
目次

作品情報

著者:ジル・チャン
出版社:ダイヤモンド社
発行年月日:2022/6/29
ページ数:352ページ

静かな人の「仕事術」

ビジネスのおいて自分の強みを活かすことはかなり重要です。

ダーランド

強みを活かすことは外向型・内向型とも共通しています。

内向型の人は物事を詳しく観察し、よく考えて細部まで分析することが好きです。

この強みを活かすことができる働き方は以下の通り。

  • 入念な情報収集
  • 事前の予行練習
  • 戦略的に考える

上記を心がけていれば不足の事態になっても落ち着いて対処することができます。

また慌てずに落ち着いた態度は信頼感を生みます。

無理をせずに自分らしく、穏やかな落ち着いた話し方をすればいいんだと学んだ。地味すぎてぱっとしない、なんて思う人はいない。むしろ、「控えめなくらいでちょうどいいよ。やたらとアグレッシブな人は遠慮したいね」などと言われるほどだ。

「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 

静かな人の「人間関係術」

仕事場という戦場で味方を増やしていくには「信頼」がとても重要です。

内向型の人は口数も少なく要点しか言わない人が多いので、そっけない人と思われやすいです。

そこで本書では信頼を得る4つの方法を紹介しています。

ダーランド

4つの方法を実践して、もめごとに上手に対処し信頼を得よう‼︎

ひと息ついて、戻ってくる

内向型の人にとって、もめごとやトラブルが発生した場合がとくに耐え難く頭が混乱します。

そんなときはその場から離れましょう。

「もう1度午後から話し合いましょう。」
「再検討し、後日連絡します。」

上記のようにして少し時間を作ることで気持ちを落ち着かせ焦らず冷静に判断することができます。

内向型の人を物事を考えたり観察することが好きな傾向にあるので、冷静になればこっちのものです。

思いやりを持って相手の話を聞く

思いやりを持って相手の話を聞くというのは内向型の人だけでなく、外向型の人も同じです。

しかし、重要なのは相手の話をさえぎったり、言葉を差し挟んだりしないことです。

まずはしっかり相手の話を聞いて、相手が何を懸念しているか注意深く理解するようにしましょう。

ダーランド

ただし、相手に共感したり尊重するのは大切だが、相手に同調しなければならないわけではないので注意しよう‼︎

トラブルの時をコミュニケーションのチャンスにする

内向型の人のなかには、自分の気持ちや考えを表現するのが苦手な人もいます。

プレッシャーがかかる場面などではなおさらです。

しかし、肝心なときに自分の気持ちや考えを伝えていかないと、「信頼」を得ることもできません。

トラブルの時などをコミュニケーションをとるチャンスと思い、自分の気持ちや考えを伝えていきましょう。

引きずらない

内向型の人は深く考えるのが得意です。

そのため問題が解決したあともその時感じた考えたことや感じたことを覚えていることは多いです。

過去の失敗や問題を教訓として活かすことができるのは内向型の人の長所と言えます。

同時に当時の記憶や感情も覚えていて、いつまでの引きずっているのは良くはありません。

過去の失敗の時に考えたことや感じたことは忘れるようにしていきましょう。

「問題が解決したあとは、その時考えたことや感じたことを、いつまでも覚えておくことはない」と自分に言い聞かせる必要がある。

「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 

タイプを組み合わせれば「最強」になれる

外向型・内向型で構成されたチームが最も効果的であるということは多くの研究で証明されています。

外向型の人がコミュニケーションをとり人脈を広げる。

内向型の人が時間をかけて物事をしっかり考え、アイデアをまとめて具体的にする。

このようにあえて「正反対」のタイプと組むことで互いが苦手なことを補い、得意なことを活かすことでき、相乗効果を発揮で思っていた以上の結果を出すことができます。

ダーランド

「自分はこの人とは合わない」と感じた時に、思い出してみましょう。

最後に

「静かな人」の戦略書──騒がしすぎるこの世界で内向型が静かな力を発揮する法 」の紹介でした。

こんな人におすすめ

  • 仕事で成果を出したい人
  • 内向型の特徴・強みを知りたい人

本書は内向型の人の内容がメインとなっていますが、外向型の人にとっても役に立つ内容となっています。

また「自分のタイプを知る」テストもあり、そもそも自分が外向型か内向型かわからない人でも楽しんで読むことが可能です。

著書ジル・チャンさんの体験談もふまえながら紹介しており、とてもわかりやすいです。

とにもかくにも内向型の人の長所を引き出す‼︎そんな書籍でした。

気になった方はぜひ本書を読んでみてください。

自分が内向型だなと思う人はぜひこちらの書籍もおすすめです。

あわせて読みたい
【要約・書評】人は話し方が9割|永野茂久 当記事では永野茂久さん著書『人は話し方が9割』の要約・書評をしています。

以上になります。

読書は最高の自己投資です。

読書を継続し自分という資産を大きく成長させていきましょう。

ダーランド

最後まで読んでいただきありがとうございました。

日本ブログ村

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次