老後2000万円問題!!60代貯蓄2000万円以上ある世帯はどのくらい❓

マネー関連
スポンサーリンク
ダーランド
ダーランド

こんにちは!!ダーランドです!!

最近定年を迎えシニアの社員として働くこととなった会社の先輩と話していたのですが

「働かないと生活できないよ〜」

と言っており、自分の老後について少し考えるようになりました。
そんな中、LIMOにて『60代「貯蓄2000万円以上ある世帯」はどのくらいか』という記事をみました。

金融庁が発表した老後2000万円問題が話題となったこともあり気になって見てしまいました。

そもそも老後2000万円問題とは❓

高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)が対象。
金融庁の調査によると平均的な実収入は月額約21万円
消費支出26万4,000円ほどになるとみられています。
つまり毎月約5万円の赤字になるとされています。
平均寿命も伸び、人生100年時代と言われており
定年退職後、30年生活すると仮定すると

5万円 × 12カ月 × 30年 =1800万円

1800万円赤字が出る計算となります。

ダーランド
ダーランド

つまり定年退職後、年金だけでは約2000万円程資金が足りないということです。

60代で貯蓄2000万円以上ある世帯はどのくらいある❓


※LIMOの記事より引用
「老後資金2000万円」を既に保有している世帯は約58万3275世帯。
60代世帯全体の42.8%となっています。

ちなみに60代の平均貯蓄額は2384万円となっています。

まとめ

老後2000万円問題と60代貯蓄についてでした。

60代で貯蓄2000万円以上ある世帯は、50%以下と思っていたより少ないなと思いました。

国としても老後は年金だけでは生活が厳しいのでiDeCoつみたてNISAをなど制度を推奨し自分で老後の資金を貯めようというようになっています。

老後の生活は年金で解決

ではなく

老後の生活費を補助するものが年金

とういうようになってきていますね。

今を楽しむのはとても大事ですが、それだけでは老後の資金に困ることになってしまいます。
どのくらい今のためにお金を使いどのくらい老後のための貯蓄するのか。
このバランスが重要になってきますね。

ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
マネー関連
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました