【日本株】オリックス(8591)の企業分析!!

銘柄紹介
スポンサーリンク
ダーランド
ダーランド

こんにちは‼︎ダーランドです‼︎

オリックス(8591)より配当金を受け取りました。

受取金額  3427円※税引き後

そこで今回はオリックス(8591)について解説します。

投資をしたいけど、どんな銘柄に投資したらいいかわからない

♢オリックス(8591)がどんな企業か知りたい

♢オリックス(8591)の業績・配当推移が知りたい

特色

リース手始めに生保・不動産など多角化・海外展開突出。エネルギー・空港運営など事業投資もしている企業です。
※SBI証券より引用

ダーランド
ダーランド

幅広い分野を手がけている企業です。

業績

売上高・営業利益

2018年に大きく売上高をあげています。その他を比較するとほぼ横ばいとなっています。

営業利益率

営業利益率は日本株に場合営業利益率の平均は7%前後となっており、10%以上なら良好であると判断しています。
米国株は日本株と比較すると営業利益率が少し高めの傾向にあるため、20%前後であれば良好であると判断しています。
ダーランド
ダーランド
営業利益率とは本業で
どのくらい効率的に稼ぐことが
できたかわかる数値です。

オリックスの営業利益率は11.8%〜13.5%となっており良好であると判断できます。

自己資本比率

自己資本比率とは総資本に対して自分の企業の資本(自己資本)の割合を表す指標です。
一般的に40%以上あれば10年は倒産しないと言われています。

オリックスは20%付近を推移しており、やや低めの水準となっています。

配当推移

配当金

配当権利確定月:3月・9月
配当利回り:3.92%
2019年までは右肩上がりで増配していましたが、2020年はコロナウィルスの影響で業績悪化により配当金は維持となっています。しかし、2021年3月の決算では『増配』を発表しています。

EPS

EPS=当期純利益÷発行済みの株式総数
ダーランド
ダーランド
会社の規模に関わらず1株あたりの利益の大きさを表しているので
EPSの数値は大きいほど良く右肩上がりが理想です。
配当金推移と同様2019年までは右肩上がりでしたが、2020年は少し低くなっています。

配当性向

ダーランド
ダーランド
配当性向とは利益の内どれくらい株主にキャッシュバックしているかを表す指標です。配当性向70%以下が理想です。

業績のあまり良くなかった2020年でも34.3%となっており、まだ余力はあると判断できます。

株価チャート

コロナショック前の水準に株価を戻しています。まだ上昇傾向にありますね。

PER

PERとは❓

株価に対してどれくらい純資産を持っているかの指標です。
PERは以下の計算式で求められます。

PER=株価÷1株あたりの純利益(EPS)
ダーランド
ダーランド
PERとは投資家の期待値を表した数値と言えます。

PER1株あたりの純利益(EPS)のどちらか、あるいは両方が上がると株価が上昇します。

株価が上昇した際は

♢PERが上がったからなのか❓
♢1株あたりの純利益(EPS)が上がったからなのか❓
♢PERと1株あたりの純利益の両方が上がったからなのか❓

これを参考にしています。
1株当たりのジ純利益(EPS)が上がっていないのに、株価が上昇しているということは、PERの数値が上がっているということになります。つまり『業績などは変わっていないが投資家の期待値が上がっている』このような時は割高になっていると考えています。

PERの目安は❓

市場によって異なりますが、一般的に以下のようになると言われています。

♢日本株の場合 ➡︎ 15倍
♢米国株の場合 ➡︎ 20倍
オリックスのPERは9.68倍となっており割安でPER的には割安と判断できます。

PBR

PBRとは❓
株価に対して、どれくらい利益が利益が出せるかの指標です。
PBRは以下の計算式で求められます。
PBR=株価÷1株あたりの純利益
PBRは1倍目安とされています。
PBRが1倍を超えている場合は企業の資産価値以上に株価が値上がりしている為、割高であると判断します。
オリックスのPBRは0.8倍なので、PBR的にも割安であると判断できます。
ROEとは❓

自己資本利益率に対する当期純利益の比率のことです。

ダーランド
ダーランド

つまり企業が投下資本に対して企業が投下資本をいかに効率的に運用して利益を生み出したかを表す指標です。

自己資本利益率が高い会社は「投資されたお金を使って効率よく稼いでいる会社」であると判断できます。

ROEは以下の計算式
ROE (%) = 当期純利益  ÷  自己資本 × 100
ROEの目安は❓

業種によって異なりますが一般的には、自己資本利益率が10%以上であれば優良企業であると判断されます。

オリックスのROEは10.3%となっています。

ROA

ROAとは❓

ROAとは(Return on Assets)とは純資産利益率といい、総資産からどれだけの利益を生み出したのかを示す指標です。

<ROEとROAの違い>
ROEとROAは、どちらも『何かに対してどれだけ利益を生み出したのか示す指標』という点は共通しています。
ROEは自己資本、ROAは自己資本よりも範囲の広い総資産と比較します。ROEは自己資本に限った経営効率、ROAは会社全体の資産に対する経営効率の良さを測る指標になります。
ダーランド
ダーランド

ROEは自己資本、ROAは総資産の利益率と覚えましょう!!

ROAの計算式
ROA (%) = 当期純利益  ÷  純資産 × 100
ROAの目安は❓

一般的には5%以上であれば優良企業であると判断されます。

オリックスのROAは2.3%少し低い水準となっています。

まとめ

オリックスからの配当報告と企業分析でした。

オリックスは長期投資のする方におすすめしたい銘柄です。

現在は少し株価も上昇傾向にあり、
個人的には今はまだ積極的に購入するタイミングではないかな❓
と思っています。

以上になります。
少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
銘柄紹介
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました