年収が高いより『貯蓄率』が高いほうが勝つ‼︎

マネー関連
スポンサーリンク
ダーランド
ダーランド

こんにちは‼︎ダーランドです‼︎

今回はYahooファイナンスにて【年収が多いより「貯蓄力」が高い方が勝つ!】という記事を見ました。

今回は節約生活では1度は聞いたことはある『貯蓄率』についてお話します!!

そもそも『貯蓄率』とは❓

貯蓄率とは、貯蓄額を可処分所得で割った比率。貯蓄には預金や投資が含まれる。貯蓄率とは、貯蓄額を可処分所得で割った比率。貯蓄には預金や投資が含まれる。国民経済計算では、国全体の貯蓄が定義され、国民可処分所得で割った国民貯蓄率があるが、通常貯蓄率といった場合には、家計貯蓄率を指すことが多い
※Wikipediaより引用
ダーランド
ダーランド

つまりは『貯蓄率』とは貯蓄できた割合のことです。

<1ヶ月の貯蓄率の計算式>

収入(給料等) 25万円
支出(固定費や交際費等) 20万円
貯蓄額 5万円

この場合の貯蓄率の計算は

収入(30万円) − 支出(20万円) = 貯蓄額(5万円) ➡︎ 貯蓄率20%

この『貯蓄率』を上げることが重要になります。

貯蓄率を上げるには❓

収入を増やす

昇給や給料水準の高い会社への転職、副業などで収入を増やしましょう‼︎
簡単にはいかないとは思いますが、収入が増えなければ貯蓄率を増やすことは難しいです。
逆に言えば、収入をバグらせてしまえば貯蓄率は一気に上がりますので
貯蓄率を上げたい場合は、収入を増やすことが重要になります。

支出を減らす

支出が減れば貯蓄率も自然と増えます。
これも当然と言えば当然なんですが…
まずは家賃・通信費・電気代など固定費の見直しをしましょう!!
通信費や電気代などは安いところに乗り換えるだけで安くすることもできます。

ダーランド
ダーランド

まずはできるところから手をつけましょう!!

まずは支出を減らすことから始めよう

まず支出を減らすところから始めましょう‼︎

理由は

収入は増やすのに時間がかかる
収入を増加ともに支出も増加してしまう可能性がある
収入は増やすのに時間がかかる

収入を増やす場合、転職・昇給・副業などがありますがどれも時間がかかりますし
それなりの労力が必要になります。そのため、頑張ってるわりに収入・貯蓄率がなかなか増えず挫折してしまいます。
まずは支出を減らしたほうがすぐに貯蓄率が上がりモチベーションを保ちやすいです。
支出をできるだけ減らす仕組みを作った上で収入を増やす努力をしましょう‼︎

収入の増加とともに支出も増加してします可能性もある

ひたすら収入を増やそうとしていると収入の増加とともに支出も増加してしまうことがあります。
宝くじで高額当選した人が数年で破産してしまうなんてことは少なくありません。
また、頑張って会社で昇給し収入が増加しても、昇給などで社会的地位が上がったことで生活の質も上げてしまい、貯蓄率が下がってしまうこともあります。

ダーランド
ダーランド

収入が上がったからといって支出も上げてはいけません‼︎

普段から支出をできるだけ減らす仕組みを作っていれば、収入が増えた分だけ貯蓄率も上げることができます。

年収が高いより『貯蓄率』が高いほうが勝つ‼︎

年収よりも『貯蓄率』を上げることが資産増加の秘訣になります。

<Aさん>
年収 1000万円
年間支出 900万円
貯蓄額 100万円

この場合の貯蓄率の計算は

収入(1000万円) − 支出(900万円) = 貯蓄額(10万円) ➡︎ 貯蓄率10%

<Bさん>
年収 500万円
年間支出 100万円
貯蓄額 400万円

この場合の貯蓄率の計算は

収入(500万円) − 支出(100万円) = 貯蓄額(400万円) ➡︎ 貯蓄率80%

極端な例ではありますがAさんよりBさんの方が年収は低いですが年間の貯金額が多いです。
『貯蓄率』を上げることで年収が高い人よりも資産を増加させることができます。

ダーランド
ダーランド

貯蓄率を制すものは蓄財を制す‼︎

もちろん年収が高いほうが貯蓄率が高くなりやすいです。
収入を増やし、支出を減らしていくことで『貯蓄率』を増やしていきましょう!!

以上になります。
少しでも参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
マネー関連
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました