倹約の神髄!!52歳で金融資産4300万円を貯めた人の極意

ライフスタイル
スポンサーリンク
ダーランド
ダーランド

どうもこんにちは!!ダーランドです!!

Yahooファイナンスにて

『倹約の神髄を見た…52歳で金融資産4300万円を貯めた人の極意』

という記事をみました。

今回見た記事は倹約の天才『クロワッサンさん(仮名)』から
数千万の貯蓄を手にした方法を紹介しています。

倹約の天才クロワッサンさんの生活

▼基本データ

クロワッサンさん(仮名)
女性・52歳・東北地方・会社員
独身/妹(40代・会社員)と同居
持ち家・マンション

▼家計収支データ

うし
うし

比較的現金の比率が多い印象です。

まず大きな出費となるマンションのローン月6万円と
基本的な生活費(食費、水道光熱費、マンション管理費等)
月8万円とし、それぞれ7万円ずつ出し合っています。

♦:同居している妹と生活費をシェア
クロワッサンさんの生活費は多くても月10万円程度、少ないと7万円そこそこで収まるそうです。
<食費に関して>
『食事は基本は自炊で何を作るかではなく
今ある食材でどんな料理を作るか考えるそうです。コンビニは利用せず
会社帰りの18時過ぎにデパ地下で半額になった魚などを購入し、冷凍保存。
本来は高級な魚もスーパーより安く購入できます』と語っていました。

先取り貯蓄を継続するだけ

次に、貯蓄法についてです。

基本は月10万円の先取り貯蓄。残った資金で生活をし、余ればそれも貯蓄しているそうです。
当たり前のようにボーナスは原則、全額貯蓄。

そして企業型の確定拠出年金にマッチング拠出として
月8000円を積み立ているそうです。

『特に変わった貯め方をしているわけではなく、
あくまで基本に忠実な貯蓄法を長年実践しているだけで
手取りの給与が21万8000円であっても、
住宅も購入し、豊かに暮らし、
そして52歳にして4000万円超の金融資産を築けるのです。』

ウマ
ウマ

投資で増やす・副業で稼ぐなど難しいことはしていないんですね。

支出をを減らし、残った資金を貯蓄にまわす!!

このような方法は先日紹介させていただいた

『大企業を辞め30歳でFIRE達成:穂高唯希さん』

この方が実践していた方法とよく似ていますね。

穂高唯希さんはクロワッサンさんとは
少し違って資産の多くが株式でしたが
支出を減らして残りを貯蓄に回すという
スタンスは同じですね。

将来大きな資産を気築くの基本に忠実な貯蓄方法を継続していくことが大事だとことですね。

ニワトリ
ニワトリ

継続は力なり!!

以上になります。
少しでも参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
ライフスタイル
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました