米国ETF買い時はいつ❓参考指数のVIX指数『別名:恐怖指数』とは❓

ライフスタイル
スポンサーリンク
ダーランド
ダーランド

どうも。こんにちは!!ダーランドです!!

ここしばらく株式をなかなか買付できずにいます。

とういうのも日経平均もダウ平均株価もコロナショックで後から高めの水準でダラダラとしているからです。

<日経平均>

<ダウ平均株価>

僕が株式投資を始めたのがコロナショック後なので、現在はとても割高な感じがします。
とりあえず今は現金の比率を多めにして、投資信託やVOOといったインデックスファンドを買って様子を見ています。

 

いつ買えばいいの❓どのくらい下がったら買い時❓

ふいにこのように思い、少し調べたところ僕の米国株ポートフォリオのコアとなっている米国ETFの購入タイミングを見極める指標の1つとしてVIX指数というものがあることがわかりました。

VIX指数

VIX指数とは❓

VIX指数とはVolatility Indexの略。
シカゴオプション取引所がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表している指数です。
一般的に、数値が高いほど、投資家が先行きに対して不安を感じているとされ、別名「恐怖指数」とも呼ばれています。

ダーランド
ダーランド

つまり投資家の市場の恐怖や不安、ストレスを数値化した指数ということです。

一般的な境界値は

10〜20:平時。通常はこの範囲を動いています。
20〜30:警戒心が高まってきている。
30以上警戒領域‼️相場が荒れそう。
過去5年のVIX指標


コロナショックでVIX指数は大きく上昇していますね。

つまりコロナショックの時は投資は恐怖や不安、ストレスを感じていたことになります。

米国ETFの購入タイミング

結論から言うと

VIX指数が20以上になった時、つまり警戒心が高まってきた時
これが米国ETFの購入タイミングとなります。
過去のVIX指数の上昇例


※Quick Money Worldより引用

<VIX指標>

相場が下落するとVIX指数が高くなります。

VIX指標と米国ETFの比較と関係性

VIX指数と僕の購入している米国ETFの指標を比較してみます。

<VIX指標>

<VOO>

VIG>

<SPYD>

<HDV>

<VYM>

指標を比較してみると、株価が下がると同時にVIX指数が上昇しています。

ダーランド
ダーランド

VIX指数は株価と逆の動きをしていますね。

VIX指数は通常10〜20付近を推移していますので、20を超えてくると株価は大きく下がり市場がバーゲンセールになる可能性が高いです。
30を超えてくるとビッグセールになります。

注意点:VIX指数が上昇したからといって全ての資金を投入してしまわないようにしましょう!!

過去にはVIX指数が80を超えたこともあるので、見て資金の比率を考えながら少量ずつ購入していきましょう。

個人的には、20を超えたあたりで少し購入
株価が下がり始めて25を超えたらさらに追加購入

といった感じ少し購入していくスタイルがいいかなと思っています。

まとめ

VIX指数とは❓
投資家の恐怖心や不安、ストレスを数値かした指数である。別名恐怖指数という。
米国ETFとの比較・関係
株価が下がるとVIX指数は上昇。VIX指数は株価と逆の動きをする。
米国ETFの買い時
VIX指数が20を超えたあたり。30を超えてくるとさらにいい購入タイミング。
※あくまで目安なので必ずではない。
株式投資で重要なのは市場からいなくならないことです!!
VIX指数という新たな目安を参考にFIREへの道を歩んでいこうと思います。
以上になります。
少しでも参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
ライフスタイル
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました