【米国株投資】最適なドル転のタイミングについて

ダーランド

どうも。ダーランドです!

今回は円安・ドル高時の米国株の買付最適なドル転のタイミングについて紹介します。

ドル転とは❓

円をドルへ転換すること。つまり両替することです。

ドルを円へ転換する場合は円転となります。

最近は円安・ドル高がかなりの進んでおり米国株投資家としては悩ましい状況となっています。

  • 米国株が株安時に円安・ドル高でもドル転していいのか❓
  • ドル転のタイミングはいつがいい❓

米国株投資をしている人なら1度は疑問に思いますよね。

そこで為替についての僕なりの見解を述べてみたいと思います。

こんな人におすすめ
  • 円安で米国株を買いたいけと迷っている
  • ドル転の最適なタイミングを知りたい
ダーランド

では早速紹介します。

スポンサーリンク
目次

株安ならドル転して購入しよう

ダーランド

結論から言います!

株価が買いたい価格まで下がったら為替を気にせずドル転して株を購入しましょう。

米国株を購入する際は気にするのは以下2つです。

  • 株価を重視するのか❓
  • 為替を重視するのか❓

どちらも重要なことですが、為替よりも株価を優先しましょう。

理由は過去の米国株のチャートとドル円のチャートを比較すると以下のような傾向にあるからです。

  • 米国株のチャートは右肩上がり
  • ドル円のチャートは横ばい

アメリカの代表的な指数であるS&P500の過去のチャートは以下の通り。

出典:Googleファイナンス
ダーランド

長期的に右肩上がりとなっていますね。

一方ドル円のチャートは以下の通り。

出典:Googleファイナンス

長い間ドル円のチャートは横ばいとなっています。

このように過去のデータから米国株を成長を継続していますが、為替は今後も横ばいすると推測できます。

ダーランド

今後どうなるかはわかりませんが・・・

つまりは、過去のデータから今後も成長する可能性のある米国株を投資をしていれば為替の影響を受けてもトータルでプラスになる可能性が高いということになります。

しかし円高・ドル安時にドル転したほうがリターンが大きくなることは間違いありません。

ドル転のタイミングについては後述しますが、円安・ドル高時にのみドル転して米国株を買い続けるというようにならないようだけ気をつけましょう。

ダーランド

1番いけないのは為替の影響を気にしすぎて米国株の買い時に投資をできないことです。

為替を気にしすぎるあまり株価の買い時を逃がさないようにしましょう。

最適なドル転のタイミング

先述でも述べましたが最適なタイミングでドル転して米国株を購入した場合のほうがリターンが大きくなります。

では最適なドル転のタイミングはいつなのか❓

ドル転のおすすめタイミングは以下の2つです。

  • 円高・ドル安の時
  • 定期購入

1つめは円高・ドル安時にある程度まとまった金額をドル転する方法です。

この方法なら株価の値動きだけでなく為替の影響でも大きなリターンを得ることが可能です。

しかし、以下のようなデメリットも存在します。

  • 株価チャートの他に為替チャートを確認しなけらばならない
  • 相場は誰にも読めないし今後どうなるかわからない

このようなデメリット気になる人は2つめのドルコスト平均法で定期的にドル転していきましょう。

定期的に購入していれば円安・円高の両方のタイミングでドル転できますし、チャートを常に確認する手間のかかりません。

どちらの方法がいいかは人によって異なりますが、個人的には定期的にドル転しながら円高・ドル安時にまとまった資金をドル転する方法がおすすめです。

ダーランド

2つの方法のいいとこ取りです。

ちなみに米国株は円貨決済でも購入可能です。

しかし手数料を考えるとドル転してから外貨決済した方がコストは少ないです。

ダーランド

手間を重視する人は円貨決済、コストを重視する人は外貨決済がおすすめです。

終わりに

円安・ドル高時の米国株の買付と最適なドル転のタイミングについてでした。

結論
  • 株安&円安・ドル高で迷った場合はドル転し株を購入しよう
  • 円高・ドル安時or定期的にドル転しておく

米国株投資をする際は為替の影響は必ず出てきます。

ダーランド

上手に付き合って資産を増加させていきましょう。

以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

日本ブログ村

人気ブログランキング

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる