【株式移管】楽天証券⇨SBI証券 やってみてわかった株式移管のメリット・メリット

ライフスタイル
スポンサーリンク

先日楽天証券にて保有していた日本個別株をSBI証券に移管しました。株式移管してみてわかったメリットとデメリットを紹介します。

メリット① 株式の管理がしやすくなる

僕は今まで楽天証券で日本株、SBI証券で米国株を保有していました。そこでSBI証券でまとめて管理することにしました。証券会社をまとめるこことで管理がしやすくなりました。

ツールが使いにくい、手数料が高いなどと思いながらも使用している証券会社があるならより良い自分にあった証券会社に早急に株式移管することをオススメします。

メリット② 手数料が無料

株式移管(楽天証券)には手数料がかかりませんでした。投資の世界ではなるべく無駄な手数料を支払わないというのはみんなが知っているルールになっているかと思います。より自分に合った証券会社に株式移管するのに手数料がかからないのは最大のメリットだと思います。

デメリット① 株式移管に少し時間がかかる

これは仕方ないことだと思いますが株式移管には少し時間がかかります。僕の場合は申請してから1週間くらいかかりました。

デメリット② 移管申請中は株式の売却はできない

株式移管申請中に保有株を売却することはできません。申請したその日のうちなら申請取り消しが可能です。

申請中に利益確定や損切りしたい場合でも売却はできないので注意が必要です。

以上が実際に株式移管してみてわかったメリット・デメリットになります。

ランキングに参加してます!!よろしければ応援クリックお願いします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
ライフスタイル
スポンサーリンク
ダーランドをフォローする
スポンサーリンク
ダーランド

管理人のダーランドと申します。
2020年から日本株・米国株を中心に投資をしています。
会社員|年収500万円
総資産額|1000万円
家族構成|妻・子供1人
筋トレが趣味で、筋肉と資産を両方増やしていけるように、日々筋トレや投資をコツコツ継続しています。
お金に関しての情報や資産の状況を中心に発信しています。

ダーランドをフォローする
ダーランドの株式投資

コメント

タイトルとURLをコピーしました